胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭は一般的に育てるのが難しいと思われがちですが、上手に管理することで長く楽しめ、1年に2回も花をつけてくれる、人気のお花です。胡蝶蘭の水遣りは、土の表面や水コケなどが乾いてから与えるようにするのがポイントです。水を与えぎると、根腐れの原因になるので注意が必要ですが、もともとは高温多湿を好む植物です。夏場は乾燥に気をつけるようにしましょう。冬場に低温の状態で管理する場合は、1月に一度ぐらい室温程度の水を与え、冬枯れしないように乾かし気味にします。

胡蝶蘭の置き場は、基本的には室内に限ります。胡蝶蘭は太陽熱に弱く、直射日光に当てることは厳禁ですが、20度程度の気温があれば、風通しのよい室外に置いても大丈夫です。胡蝶蘭は寒さに弱く、冬場の室内でも冷え込む場所は避けるべきです。冬の窓際などは冷たい空気にさらされるので、置き場所には注意しましょう。気温が低くなる場所の場合、ダンボールで覆うなど、冷気に当てないようにします。胡蝶蘭の置き場所として理想的なのは、冬場でも10度以上の気温が保てるところです。胡蝶蘭は、土内の湿気は苦手で乾燥気味を好みますが、もともと高温多湿の植物です。冬場の室内での暖房が効いている環境の場合は、時々葉や茎に霧吹きでスプレーする方法がおすすめです。冬場は株が成長せず、休眠期のような状態になるので、肥料は与えないようにします。

胡蝶蘭の植え替えは、花が終わってからの5月以降頃に行います。株が大きくなってからは、2年に一度程度の周期で植え替えます。根が鉢からはみ出ている状態であれば、鉢の中で根が詰まっていると思われます。根詰りを起こすと通気性が悪くなり、与えた水が根の全体に浸透しない原因になり、栄養不足から花つきが悪くなってしまいます。このような状態の時は、一回り大きな鉢に植え替えをし、用土の交換をすることをおすすめします。用土には水コケかバークを使用します。

胡蝶蘭は、花期が終わった後そのまま放置しないで、適切に花芽を切ることによって、株を元気に長持ちさせることができます。支柱などがある場合は、いったん取り除いておくようにします。その後の花芽の切り方は、なるべく根元近くをカットするようにします。根元から3~5センチ程度を残して切ると、株に負担をかけずに次のシーズンに向けての準備をする状態にすることができます。花芽をカットした後も水遣りは適切に行い、管理するようにしましょう。

おすすめサイト
幸福の胡蝶蘭屋さん-胡蝶蘭の育て方について詳しく説明されています